空き家探し

鬼無里には都心にあるような新築の建売住宅は一切ありません。

中古住宅においては空き家はたくさんあるものの、大手の住宅情報サイトに載されることは稀で物件数も少ないです。

そのため新築で家を建てる場合を除いた選択肢は「空き家バンク」「市営住宅」「空き家探し(古民家再生)」のいずれかになるかと思います。

※一般的な住宅情報サイトにも鬼無里の物件が掲載されている場合がありますが、本サイトにおいては割愛します。

 
空き家バンク.png

鬼無里の場合は「長野市空き家改修等補助制度」の申請で補助金を受けることができます(各市町村や年度により制度の種類や申請方法が異なります)。

空き家バンクへ登録するためには登記や間取りなどの書類が必要なのですが、鬼無里では登記されていない空き家が多く、売れる見込みがない物件に対してお金をかけて登記する人はごく少数です。

また、近隣の目もあり、掲載を嫌がる方もいるため、どうしても掲載物件数は少なくなってしまいます。

​​※鬼無里地区の空き家情報はこちらをご確認ください。

長野市.png

 

都心にお住まいの方が「団地」と聞くと、アパートのような戸数の多い集合住宅の建物をイメージされると思いますが、鬼無里の団地は基本的に3DK~4DKほどの広さの一戸建てになります。

空いている場合でも、改修工事が必要な場合があるため入居までに期間を要することがあります。

※​鬼無里地区の団地情報はこちらをご確認ください。

kominka_nihonkaoku.png

 空き家探し(古民家再生)

 

未登記のため空き家バンクに登録する書類が揃わず空き家のまま放置された古民家はたくさんあります。

鬼無里に足を運んでいただき、ご自身で地区内の物件を見て回り探すことも移住生活の楽しみの一つかと思います。

気になる古民家があった際には当サイトのスタッフもしくは鬼無里支所へご相談いただければ、家主さんへの取り次ぎが可能です。

家主さんも売れる見込みが立てば、登記の手続きをすることはやぶさかではないでしょう。

また、建物の状態や改修に関しては鬼無里在住の古民家鑑定士さんにアドバイスいただくことも可能です。


 活動報告

先日、県内在住で鬼無里に興味を持たれてお問い合わせいただいた方に実際の物件をご案内させて頂きました。
外観のみでしたが数件ご案内したところ、事前に伺っていたご要望を元にオススメをご案内しても感触は良くありませんでしたが、逆にこれはないだろう思って案内したところを意外にも気に入っていただけたりしたのには驚きました。

やはり鬼無里まで足を運んでいただいて実際の物件をご覧になられるのがベストだと思いますが、お問い合わせいただければご要望をヒアリングしたうえでスタッフがオススメをお探しします。鬼無里まで来られない方についてはヒアリングした内容を元にオススメ物件を事前に動画撮影し、web会議でご説明するということも可能です。

空き家見学.jpg

実際の空き家案内・見学風景

 
 


 物件紹介

最近の調査で鬼無里地区内には250件以上の空き家があることが判っています。そのごく一部ですが所有者の方から了解を得ている物件ついてご紹介します。
なお、鬼無里地区住民自治協議会​では、民間の不動産会社と連携した取り組みを進めており、空き家所有者と不動産会社で仲介等が整った物件については、「売買物件の詳細について(外部リンク)」で確認が可能となっています。

また、掲載していない物件もご紹介できますので、ご興味のある方は本ページ内の問い合わせフォームよりご連絡ください。

また、鬼無里地区内で空き家を手放したい方からのお問い合わせ・ご相談もお待ちしております。

 

【物件No.1】​小鬼無里(おぎなさ) 01  ***成約済み***

県道沿いで周囲は畑が広がっています。外壁の土壁は修復が必要ですが、屋根は比較的しっかりしています。
室内の玄関回りとトイレはリフォームされているのですが、お風呂は改修が必要になるかと思います。

【物件No.2】​上平(うわだいら) 01

200年以上の歴史ある大きな古民家。土間はもちろん馬屋(馬の飼育場)もほぼそのまま残る。
また、火は焚けないが囲炉裏や、昔のままの目を見張る奥座敷、養蚕場でもあった半地下室などそのまま残っている。
極めつけは縁側のように見える「式台」。鬼無里に来た殿様をお迎えするためだけにあったのだという。
大きな土蔵も魅力。鬼無里の歴史を背負った古民家です。

【物件No.3】​和田(わだ) 01

県道からの脇道に入ったところにあるちょっと変わった佇まいの小さ目な家です。
見ての通り、まめに草刈りをしないと大変なことになってしまうので注意が必要です。

【物件No.4】​財門(さいもん) 01

鬼無里の名所である大望峠の下にある家です。
標高1,000m弱の場所にあるため、景色はとても良いところです。

【物件No.5】​篭田(かごた) 01

国道406号線を市街地側から鬼無里地区に入ってきて2つ目の集落にあります。
国道に直結する私道を入って直ぐの家で、
物置や自転車置き場もあります。 売買物件の詳細について(信州田舎暮らし㈱

【物件No.6】​東京(ひがしきょう) 01

​国道406号線から逸れて少し上って行ったところにある加茂神社近くの古民家です。
屋根はしっかりしていますが、土蔵となりのおそらく駐車場?らしき建物は雪でつぶれてしまったようです。
家までは少々細い私道を入るので、
大きい車が好きな方にはあまり向かないかもしれません。

【物件No.7】​押出(おしだし) 01

県道36号線から外れ、山道を登って行った先にある集落。標高は956mで、この家より先には民家はありません。

道が細く坂が割と急なので、冬場は特に車の運転に注意が必要です。

【物件No.8】​西京(にしきょう) 01 ***成約済み***

国道406号線から脇に入って少し下ったところにある土蔵付きの古民家です。
​*写真などは、信州田舎暮らし㈱の提供

【物件No.9】​町(まち) 01

国道406号線を脇に入って少し北に上ったところにある住宅です。

売買物件の詳細について(信州田舎暮らし㈱)
*写真などは、信州田舎暮らし㈱の提供

 

 空き家に関するお問い合わせ

​どの中山間地域においても過疎化の影響から空き家が増えている状況ですが、鬼無里も例外ではなく空き家がたくさんあります。

ですが、手放したいと思っている家主さんがいらっしゃるものの、諸事情により一般的な不動産情報サイトに掲載されることはごく稀なのが実情です。

当サイトでは鬼無里へ移住することを前提として空き家を探していらっしゃる方と空き家を手放したいと思っている鬼無里住人の方とをマッチングするお手伝いをさせていただきます(契約行為に関しては一切関与致しません)。

 

以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。後日、担当スタッフよりご連絡させていただきます。

お問い合わせありがとうございました

​スタッフからのご連絡をおまちください

*すべての項目をもれなくご入力お願い致します。

*ご入力いただいた個人情報についてはお問い合わせに対する返信の目的以外に利用することはございません。

​ また家主さんに対してもお問い合わせいただいた方の同意なしに情報開示することはございません。

​*回答までに時間を要する場合がありますので予めご了承ください。